HotForexの本当のスプレッドとは?リアル口座で実際にHotForexのスプレッドを計測した結果

  • 「HotForexのスプレッドは、どのくらい狭いの?」
  • 「HotForexのスプレッドは、公表されている通りに本当に狭いの?」
    ・・・

HotForexが投資家から一定の指示を集めている理由の一つに「スプレッドの狭さ」というものがあります。今回は、HotForexのスプレッドについて、実際に計測したデータをもとに解説します。

HotForexのスプレッド

HotForex自身が公開しているスプレッドの情報では

HotForexの平均スプレッド

  • 米ドル/円:1.7pips
  • ユーロ/円:1.7pips
  • ユーロ/米ドル:1.2pips

となっており、平均的なスプレッドとなっています。

ただし、取引手数料が有料(3ドル~4ドル)のゼロスプレッド口座であれば

平均スプレッドが0.1pips程度とかなり格安のトレードコストになっています。

出来上がりのトレードコスト = 0.1pips + 0.3pips × 2 = 0.7pips

と、海外FX業者の中でも、格安設定なのです。

下記は、筆者が実際にリアル口座を開設し、5分置きにスプレッドを記録したデータになります。

HotForexのスプレッド計測データ

  • HotForex → プレミアム口座(手数料:無料)
  • 5分置きに測定
  • 測定サーバー(お名前ドットコムVPSサーバー)

HotForexのスプレッド計測データ

スプレッド/約定スピード 米ドル/円 ユーロ/円 米ドル/ユーロ ポンド/円 豪ドル/円 カナダドル/円 豪ドル/米ドル
スプレッド/最小値 1.64 1.81 0.96 3.00 2.37 2.56 1.28
スプレッド/平均値 2.61 3.11 1.83 5.54 3.65 3.82 2.32

2年以上稼働させていますが

  • 米ドル/円:2.61pips
  • ユーロ/米ドル:1.83pips
  • ユーロ/円:3.11pips

ですので、自社公表データよりも、計測データはスプレッドが広がっているのです。

つまり、

HotForexのスプレッドは、海外FX業者の業界平均よりも広い
HotForexのスプレッドは、信頼性は低いデータ

であることがわかります。

通常のプレミアム口座では、スプレッドの広い海外FX業者であり、おすすめできないことを意味しています。

ただし、ゼロスプレッド口座は、取引手数料がメジャー通貨だと片道3ドルと格安であり、かつスプレッドも平均0.1pipsと狭いスプレッドを実現しているため、トレードコストがかなり安くなります。

HotForexを利用するのであれば、ゼロスプレッド口座がおすすめです。

HotForex公式サイトはこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です